以外とおしゃれな製品も

携帯電話がすっかり普及した今の日本。固定電話を置かない家も増えています。しかし、固定電話も無くなってはいません。少し前まで、家庭に固定電話があることは定住性を証明出来る信頼の証でもありました。

クレジットカード審査やローンの審査は勿論、銀行の口座開設や保険の契約、仕事につく際の履歴書等には、固定電話の番号しか受け付けないことが多かったですし、重要な連絡は家の電話を通してされていたからです。今はすぐに繋がる携帯電話が緊急連絡先になることも多く、固定電話などなくても困らないという方も多くいます。

しかし、会社という社会では必要です。企業の電話は、その会社がちゃんと存在しているという証のひとつにもなりますし、取引をする相手の連絡先が個人的に会ったことがある営業マンだけで、会社に来るか行くかしないと他の人間と会話も出来ない様では困ります。誰かが社員に成り済ましても、会社訪問しない限り気づけないだけでなく、緊急事態にも対処できなくなります。

企業においては、使用頻度はともかく、固定電話こそがメインの連絡ツールであり、代表電話や部署への電話の価値は未だ高いのです。

社員個人の携帯への電話は「あると便利」なオプションであると言えます。そんな訳で、過去の遺物としてでなく、現役で活躍する固定電話ですが、今でもちゃんと進化しています。

ファックス付、スキャナ付き、プリンタ機能付きという複合機は、数年前の単独機能品より優れた製品がどんどん新発売されています。

最近は、インターフォンとセットで使えるものまで発売されていますし、電話本体も機能だけでなく、ファッション性を兼ね備えた、意外とお洒落な製品を多く見かける様になりました。

携帯の需要はもう頂点レベルまで高まり、供給もほぼ済んだと言える状況ですが、固定電話市場の全契約数が全体として減少傾向にありますが、技術革新による需要が増える時代がこないとも限らない、可能性を含んだツールであると言えます。